早漏の薬は色々試すべき!

その他の男の悩み!AGAとは?

ここ数年で「AGA(エージーエー)」という言葉を随分よく耳にするようになりました。
薄毛は多くの男性の悩みですが、男性の薄毛がすべてAGAというわけではありません。
ではAGAとは、具体的にどういったものなのでしょうか。

AGAは「男性型脱毛症」のことをいい、男性の薄毛の症状のひとつです。
AGAによる薄毛は抜け方に特徴があり、額の生え際から薄毛が進行するか、頭頂部から進行するかのどちらかになります。
また、一気に大量の髪が抜け落ちるということはなく、徐々に薄くなっていきます。
そして、放っておくとどんどん進行してしまうということも特徴といえます。

AGAは「AndrogeneticAlopecia」の略で、直訳すると「男性ホルモン型脱毛症」となり、その文字通り発症には男性ホルモンが大きく関わっています。
男性ホルモンは一つではなくいくつか種類があるのですが、薄毛を進行させるのは「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンであることがわかっています。

まず「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが頭皮にある「5αリダクターゼ」という酵素と結びつきます。
するとテストステロンはジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化し、男性ホルモン受容体に影響を及ぼし髪の成長を阻害します。
髪が生えはじめてから抜け落ちるまでの周期をヘアサイクルといいますが、ジヒドロテストステロンによってこのサイクルの成長期が短くなり、成長しきれずに抜け落ちてしまうのです。

「男性のハゲ」は長い間治すことができないものと考えられてきました。
しかしこのような薄毛のメカニズムが解明され、現在ではAGA専門の医師による治療で改善することが可能となりました。
しかし、毛根は一度死滅してしまうと元には戻すことができません。そしてAGAは何もしなければ進行する一方です。
毛根がまだ生きているうちに、できるだけ早い段階で対策を取ることが重要といえます。

AGAにかかる治療費とは

AGA以外の脱毛症なら治療をしなくても自然に治ることも考えられますが、AGAの場合は治療しなければ治りません。
AGAの治療をするにはどの医療機関にいけばいいのでしょうか。

最近はAGA専門のクリニックが数多くあります。
そのほかでは、皮膚科がAGA治療を行っているケースが多いですが、内科でも診てもらえるところがあります。
美容外科でもAGA治療を行っているところがたくさんあります。

AGA治療と一口にいっても様々な治療方法があり、最近では「育毛メソセラピー」や「HARG療法」とった頭皮に発毛剤や成長因子を注入する新しい治療法も登場しています。
現在一般的なのは「プロペシア」や「ザガーロ」、「ミノキシジル」などを用いる治療方法です。

現在のところAGA治療は保険適用外であるため健康保険は使うことができません。
そのため一般的な病気の治療と比べ治療費は高くなります。
プロペシア錠やサガーロの場合1ヶ月で約5000~8000円、ミノキシジルタブレットは1ヶ月約10000円の費用がかかります。
そのほかの費用も含めると一回の診察で約10000~30000円くらいが治療費の相場といえそうです。

育毛メソセラピーやHARG療法の場合はさらに高額となり、一回約20000~70000円くらいが相場のようです。

AGA治療は一度で効果があらわれるわけではなく、長期のスパンで治療に取り組む必要があります。
治療にはそれだけ費用がかかりますから、治療を続けられるクリニック選びも重要といえます。

薄毛がAGAによるものなら、その悩みは何もしなければ解決しません。
まずはAGA治療を行っているクリニックを受診し相談してみましょう。

おすすめ記事