早漏の薬は色々試すべき!

早漏改善、金冷法のやり方

早漏改善方法として金冷法というやり方がありますが、お金をかけずに手軽に一人で始められるのでとても人気があります。
金冷法は男性の機能を回復するのに最も効果があると言われていますが、男性機能か回復すれば自然と勃起の持続力もあがることになるので、早漏改善の効果も期待できるというわけです。

金冷法のやり方ですが、入浴時におこなうといいでしょう。
時間もあまりかからないので一人で手軽にできるので便利です。
まずはお風呂場で睾丸に冷たい水をかけますが、真冬に冷水はかなり辛いと感じる人もいますが、冷水をかけることで睾丸が適温の状態になり、陰嚢が締まった状態になります。

睾丸に水をかける方法ですが、シャワーで睾丸に水をかけるのではなく、洗面器に水を張って、中腰になって睾丸を冷水に浸すといいでしょう、少し辛い体勢かもしれませんが、1~2分でいいので頑張って冷水に睾丸を浸してください。
睾丸を冷水で冷やし陰嚢が縮んだら今度は温水を洗面器に浸し、前と同じように中腰になり睾丸を浸しますが、睾丸を温水に浸すことで引き締まっていた陰嚢が自然とゆるんできます。
時間にすると1~2分程度は温水に浸すことが大事です。
お風呂にお湯が入っている場合は、洗面器ではなくお風呂にそのまま浸かっても効果は変わりません。

温水に睾丸を温めて陰嚢がゆるんできたら、再び冷水を張った洗面器に睾丸を浸してください。
この睾丸を温めたり冷やしたりする行動を一日最低でも五セット繰り返すことが早漏改善には効果がでやすいです。
ただし、真冬などは身体が冷えてしまう可能性もあるので、金冷法のやり過ぎには注意してください。
あまり体調の良くない時は無理をしないことが大事です。

金冷法は昔から伝わる費用をかけずに一人でこっそりおこなえる早漏改善のトレーニングですが、継続することが大事になります。
すぐに効果がでないからといって諦めず地道にトレーニングを続けてください。
睾丸を冷やすことで披露回復の効果もあるので気軽に試してみるといいでしょう。

変わったトレーニング法「炭酸水トレーニング」を紹介

早漏改善のトレーニングもいろんな種類がありますが、その中でも変わったトレーニング法といえば炭酸水トレーニングです。
炭酸水は元々美容効果や血行促進の効果、疲労回復の効果があると言われています。
温泉には炭酸風呂というものもあるので、健康には炭酸水はとてもいいものです、

早漏改善のために炭酸水トレーニングとはどういう方法で行われるのかというと、まずコップに炭酸水を注ぎその中にペニスを根元までしっかり入れます。
初めは30秒くらいを目安に入れ、だんだん慣れてきたら60秒くらい入れるといいでしょう。
休憩を入れて2~3セットおこなうと効果的ですが、自分の体調にあわせて無理をしないことが大事です。

慣れないうちは多くの蜂にさされたような強い痛みを感じますが、その刺激に次第に慣れてくれば射精を自由にコントロールできるようになるので早漏改善の効果があります。
慣れるまでは大変ですが、最初から無理をせず少しずつ慣らしていくことが大事です。
大事なのは長い期間続けることなので、効果がすぐに出ないからといって諦めないでください。

炭酸水トレーニングがなぜ早漏改善に効果があるかというと、炭酸水には血行を良くする効果があるからです。
ペニスの血行力を改善してあげれば勃起の持続力も長くなり、自然に射精のコントロールも自由にできるようになります。

炭酸水では刺激が強すぎるという人もいますが、そういう人は炭酸風呂に入る方法もあります。
炭酸風呂ならば毎回続けても苦にはならないはずです。
ペニスの血行も良くなるので、まめに炭酸風呂に入っていれば早漏改善の効果もでてきます。
炭酸水トレーニングと並行して炭酸風呂に入るとより効果がでることでしょう。

おすすめ記事